Wikia

Memory Alpha

スティーヴン・ホーキング

トーク0
2,608 件の記事が
このウィキにあります
Stephen Hawking

スティーヴン・ホーキングのホログラム

 スティーヴン・ホーキング(Stephen Hawking)は20世紀地球の著名な物理学者筋萎縮性側索硬化症を患っており(多くが数年で死に至るが進行が急に弱まるなどこの病気の性質に合わない点が多いため異なる病気であるとする意見もある)車椅子の物理学者としても知られる。1942年生まれ。

 彼は同僚のキップ・ソーン(Kip Thorne)と共に宇宙に存在するブラックホールについての幾つかの理論を考案し有名になった。その中の理論の一つはブラックホールは完全にはブラックではなく放射を行い蒸発していると言う理論で、後にこれはホーキング放射(ホーキング輻射)と呼ばれるようになった。

 ブラックホールが蒸発する際、ブラックホールに吸い込まれた物質が持っていた情報が外部の我々の宇宙に戻ってくるか永遠に失われるかを、ジョン・プレスキルらと賭けをし、ホーキング、キップ・ソーンは情報が永遠に失われる方に、プレスキルはその逆に賭けた。賭けの対象は情報そのもので、負けた方が勝った方に相手の選んだ百科事典を贈呈すると言うものだった。2004年にホーキングは自身の理論を修正しブラックホールが蒸発する際のホーキング放射に何らかの形で反映され外部に出てくると言う新説を発表し賭けの負けを認めた。

 彼が一時期務めていたルーカス教授職にはQが作り出した反時間の未来でデータ宇宙艦隊退職後に務めていた。(TNG:永遠への旅

 筋萎縮性側索硬化症のため厳しい神経変性疾患による全身の麻痺と筋肉の萎縮、筋力低下に罹っている。

 2369年データ少佐ホロデッキにホーキングとアルベルト・アインシュタインアイザック・ニュートンの三人の偉大な地球人科学者達を作り出してポーカーをプレイした。データ少佐は三人を観察する事によって人間への理解や啓発を得られると考えてい た。(TNG:ボーグ変質の謎・前編

 彼の業績を讃え、ブラックホール放射24世紀宇宙艦隊シャトル等の名前を冠している。(TNG:愛の化身オダンスタートレック:ジェネレーションズ

背景編集

 現実のホーキングはSF好きで20-21世紀TV番組スタートレックのファン(トレッキー)で本人のホログラム役で出演した。(TNG:ボーグ変質の謎・前編)またアニメのザ・シンプソンズにも出演し、2009年には宇宙旅行に参加した。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア