Wikia

Memory Alpha

ジョン・ハリマン

トーク0
2,587 件の記事が
このウィキにあります
John Harriman.jpg
ジョン・ハリマン大佐(2293年)
性別: 男性
種族: 人類
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
階級: 大佐
役職: USSエンタープライズB艦長
状態: 生存(2293年)
俳優: アラン・ラック

 ジョン・ハリマン(John Harriman)は惑星連邦宇宙艦隊の士官であり、2293年USSエンタープライズB艦長に就任した。

 彼がエンタープライズの艦長に就任したときは非常に若かった。彼は小学生の頃にジェイムズ・T・カークの伝説的な功績に関する本を読み、憧れを抱いていた。

 USSエンタープライズBの処女航海のデモンストレーション式典の途上、ネクサス・エネルギーリボンに捉えられた二隻のエル・オーリアの輸送船からの救難信号を受信した際、付近に他の艦が不在であったことから救出に向かうこととなった。その際に、救出の為にあらゆる手段を講じたが成果が上がらず一隻が大破してしまった。その時に来賓として乗艦していたジェイムズ・T・カーク大佐に自分の誇りを捨てて偉大な先輩にアドバイスを求めた。

 何とか輸送船から避難民を救出するも、エンタープライズが逆にエネルギーリボンに捕えられてしまった。その際に、ディフレクター盤を改造し脱出する方法が取られ、その改造に自らが向かおうとした際、カークにこう諭された。

 「艦長がいるべきところは、ここだ」

 カーク大佐は見事任務を完遂したが、エネルギーリボンの衝撃で船体が抉り取られ、その区画にいたカークは行方不明となってしまった。彼は、憧れの先輩が自ら指揮する艦で殉職するのに遭遇してしまったのであった。(スタートレック:ジェネレーションズ

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア