Wikia

Memory Alpha

コバヤシマル・シナリオ

トーク8
2,585 件の記事が
このウィキにあります

 コバヤシマル・シナリオ(Kobayashi Maru scenario)は、23世紀宇宙艦隊アカデミー司令部門候補生に実施された試験である。この試験は "no-win scenario" ともいわれ、勝つことは不可能である。

試験概要編集

 シナリオは、クリンゴン中立地帯付近を航行しているところから始まる。すると、コバヤシマルからの救難信号を受信する。コバヤシマルの位置は中立地帯内であり、救出するために中立地帯に突入することは条約違反となる。訓練生はまず、この船を救助に行くべきかを決定する。救助に向かい、中立地帯に侵入すると、3隻のクリンゴンクティンガ級巡洋戦艦が向かってくる。

"no-win scenario"と呼ばれる理由編集

 士官候補生が、コバヤシマルを救い、クリンゴンとの戦闘を避け、艦が無傷の状態で中立地帯からの脱出が不可能であったため、「勝利がないシナリオ(no-win scenario)」といわれるようになった。

試験の目的編集

 船を指揮する上で、勝ち目のない事態に直面することはありうることである。そのため、その状況下におかれた場合、訓練生がどのように船を指揮し、決断をするのか見極めるために行う。

試験の実例編集

Saavik and Kirk

試験結果について話すカークとサーヴィック

 2285年に、サーヴィック大尉が、当時艦隊アカデミーの教官をしていたジェイムズ・T・カーク少将が見守る中、このコバヤシマル・シナリオに挑戦した。エンタープライズのクルーであった、スポックスールーウフーラが、「俳優」 としてクルーの役を演じた。
 コバヤシマルからの救難信号を受信したサーヴィックは、救出のため違法と承知しながら、中立地帯に侵入した。だが、すぐさま、3隻のクティンガ級クリンゴン戦艦が方位316マーク4から追ってきた。サーヴィックはすぐさまシールドを張り、戦闘体制をとった。サーヴィックは、救助任務であることをクリンゴン側に伝えようとしたが、不可能であった。サーヴィックは、すぐさま脱出することを決めた。しかしすでに、時遅く、クリンゴンは攻撃を仕掛けてきた。回避しようとするが間に合わず、魚雷の直撃を受けた。爆発で、スールー、ウフーラ、マッコイが 「死亡」、フェイザーでの反撃も不可能であった。そのため、サーヴィックは脱出ポッドを準備させ、脱出命令を下した。こうして、カークの予想通り、サーヴィックは試験に勝つことはできなかった。

24世紀における運用編集

 コバヤシマル・シナリオに類似したテストプログラムは24世紀にも存在する。
 テストは、ホロデッキで行われる。航行中に、フェレンギ船から自動救難信号を受信する。救助に向かうと、ロミュランディデリデクス級ウォーバードが待ち構えており、攻撃を受けるというものである。(VOY:バイオ神経回路

試験に勝った「例外」編集

 この試験に勝った者はジェイムズ・T・カーク候補生のみである。彼も2度この試験に失敗したが、3度目で勝つことに成功した。後日談でカークは「コンピュータプログラムを操作し、勝てるようにした」と述べた。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア