Wikia

Memory Alpha

コクレーン(単位)

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります

 コクレーン(cochrane、略号C)は亜空間の歪曲の単位で、ワープ・ドライブを開発したゼフラム・コクレーンに因んで名付けられた。亜空間歪曲で見つかる変動はコクレーン歪曲として知られている。(TNG:愛なき関係

 惑星連邦において、1コクレーンとは「非対称型亜空間バブル(ワープ・フィールド)を生成した際に、内部の物体がワープ1(光速)で推進する亜空間の歪曲強度」と定めている。ワープ中の亜空間歪曲値はワープ・フィールドの次数に対して10/3乗ずつ増加していくため、亜空間歪曲の数値は船体の光速倍速度の数値に等しい。

亜空間歪曲の実用編集

ミリ・コクレーン(1/1,000コクレーン)編集

コクレーン編集

  • 1コクレーンはワープ・ファクター1(光速度)の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに約20ギガジュールエネルギーが必要で、フィールドを維持するのに200メガジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 10コクレーンはワープ2の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに3テラジュール必要で、フィールドを維持するのに20ギガジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 39コクレーンはワープ3の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに59テラジュール必要で、フィールドを維持するのに590ギガジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 102コクレーンはワープ4の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに610テラジュール必要で、フィールドを維持するのに15テラジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 214コクレーンはワープ5の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに4.3ぺタジュール必要で、フィールドを維持するのに150テラジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 392コクレーンはワープ6の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに24ぺタジュール必要で、フィールドを維持するのに1.2ぺタジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 656コクレーンはワープ7の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに130ぺタジュール必要で、フィールドを維持するのに13ぺタジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 1,024コクレーンはワープ8の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに610ぺタジュール必要で、フィールドを維持するのに100ぺタジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 1,500+コクレーンは多くの連邦宇宙艦のワープ・ドライブでワープ9.2からワープ9.982の速度を12時間維持する事が出来る。、フィールドを作り出すのに610ぺタジュール必要で、フィールドを維持するのに100ぺタジュール必要である。(Star Trek: Deep Space Nine Technical Manual, pages 151-158)
  • 1,516コクレーンはワープ9の速度を生み出し、フィールドを作り出すのに3エクサジュール必要で、フィールドを維持するのに1.2エクサジュール必要である。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 55)
  • 1,650コクレーンギャラクシー級宇宙艦の開発が始まった時、ギャラクシー級宇宙艦のワープ・コアの持続可能なフィールドの出力レベルを上回る値だった。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 1)
  • 1,200,000コクレーン時はギャラクシー級宇宙艦の開発が始まった時から改装されるまで、一次ワープ・コイルのライフ・サイクルの目標値だった。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 1)
  • 2,000,000コクレーン時はギャラクシー級宇宙艦の開発が始まった時から改装されるまで、二次ワープ・コイルのライフ・サイクルの目標値だった。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual, page 2)

テラ・コクレーン(1,000,000,000,000コクレーン)編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア