Wikia

Memory Alpha

カランダン

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります
Losira

カランダ人女性のロジラ。

 カランダン(Kalandan)、またはカランダ人と呼ばれるヒューマノイド種族は、紀元前2世紀頃に絶滅したとされている。

 カランダ人は非常に高い技術力を持っていた。宇宙航行、またコンスティチューション級並みの大きさの宇宙艦を数秒で一千光年も移動させる分子転送装置、さらには人工的に惑星を作り出すことも可能だった。その人工惑星を基地として用いるために、精巧なコンピューターも用いていた。

 しかし、カランダ人を滅ぼしたのはその高い科学力が故のものだったといえる。ロジラが司令官を務める人工惑星を作った際に、未知の病原菌が発生したのである。ロジラは母星からの補給船が運んでくる食糧や医療物資を待っていたが、船は来ることなく人工惑星の住民は全滅した。前回の補給船が病原菌を母星に持ち帰ったためにカランダ人は絶滅してしまったのだと考えられた。

 2268年USSエンタープライズその人工惑星を訪れるまでの数千年間、カランダ人の存在は忘れ去られていた。(TOS:無人惑星の謎

人物編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア