ウィキア

Memory Alpha

エレージアン

2,673 件の記事が
このウィキにあります
トーク0
Melora pazlar

エレージア人女性のメローラ・パズラー少尉。

 エレージアン(Elaysian)もしくはエレージア人は低重力惑星母星に持つヒューマノイド種族惑星連邦メンバーである。

 エレージア人の体格と神経運動皮質は低重力環境に適しておりエレージアンの母星では「飛ぶ」事が出来る。しかし標準重力で活動する時は身体的な支持器具を必要とする。支持器具は様々なものがあるがその中の1つに個人の骨格を支持する統合サーボモーター付きの外骨格を着るものがある。これは短期間用いるものでより長期間に渡る時は他の車椅子反重力ユニットの様な装置が必要である。

 ドクタージュリアン・ベシアは上記のような装置を用いない標準重力への適応処置として、ナサニエル・テロスが研究した初期の神経筋適合と呼ばれる神経刺激トランスミッターでの運動皮質の神経出力を上昇させ筋力を増強する理論を基礎にして、更に改良した医学療法を開発した。

 この処置を始めた後の欠点として、個人の身体と運動皮質が混乱する為に二度と低重力環境へは戻れなくなる。処置が終われば個人は多くのヒューマノイドの様に自然に標準重力環境で動く事が出来るが、施した処置を元に戻す事は出来ない。

 2370年頃までに少数のエレージア人が故郷の惑星を離れて生活した。その内の1人のメローラ・パズラーはエレージア人として初めて宇宙艦隊に入った。(DS9: エレージアン星人 メローラ・パズラー少尉

人物編集

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア