Wikia

Memory Alpha

エズリ・ダックス

トーク0
2,608 件の記事が
このウィキにあります
Ezri dax 2375.jpg
エズリ・ダックス
性別: 女性
種族: トリル
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
階級: 中尉
出生: 2354年
サッポラ星系ニュー・シドニー
母: ヤーナス・ティーガン
兄弟姉妹: ジャネル・ティーガン(兄)
ノーヴォ・ティーガン(弟)
婚姻: 独身
俳優: ニコール・デボア
Ezri dax arrival.jpg
エズリ(地球にて)
鏡像宇宙の当該人物については、エズリ・ティーガン(鏡像宇宙)を参照。

 エズリ・ダックス(Ezri Dax)は、サッポラ星系ニュー・シドニー出身のトリル人であり、ダックスの9番目のホストである。2375年の初めにカウンセラーとしてディープ・スペース・9に配属されている。(DS9:砂漠からの呼び声

ティーガン 編集

 ダックスと合体する以前の名は エズリ・ティーガン(Ezri Tigan)である。彼女は2354年ニュー・シドニーに生まれる。彼女の母親は鉱物採掘で成功しているが、彼女はエズリと多くの場面でけんかをしている。

 父親は、自分の妻のそばにいるのが耐えられずに不在がちになりやすかった。その他の家族では、弟や尊敬する兄がいたが、エズリは宇宙艦隊に入り、家族から離れたいと思っていた。(DS9:崩れゆく家族の肖像

ダックス 編集

 2375年、エズリはUSSデスティニーのカウンセラー・アシスタントとして乗船している。

 このときデスティニーは、ホストであるジャッジア・ダックスの死による共生生物のディープ・スペース・9からトリル星への緊急輸送という重要任務についていた。しかし、輸送中に共生生物の様態が悪化したため、艦内唯一のトリル人であったエズリは、合体に関する専門的なレクチャーもそこそこに、合体しなければならなかった。

 エズリは、合体後に過去のホストの人格と調和を試みる際に、過去の2人のホストの友人であったベンジャミン・シスコを見つけ出し、彼に過去の8人のホストの人生経験の統一という難しい作業を手伝ってもらおうとした。ちょうどその時、シスコは発光体を探しており、エズリは彼と息子のジェイクとベンジャミンの父親ジョゼフ・シスコに同行することにし、惑星タイリーで発光体を発見している。

ディープ・スペース・9にて 編集

Ezri and Garak

エズリと閉所恐怖症のガラック

 シスコがディープ・スペース・9に戻ったとき、エズリは共に赴任したが、そこで、ジャッジアの死を深く悲しんでいる彼女の同僚に対面している。当初、DS9ではデスティニーでの任務に復帰するための準備をして、自分をみることで彼らの痛みが再発しないように願っていた。しかし、シスコは彼女にDS9に残り、ステーションのカウンセラー及び上級士官として任務につくように頼んでいる。その後、彼女はDS9にカウンセラーとして正式に配属され、彼女のカウンセラーとしての最初の任務はエリム・ガラックの閉所恐怖症を軽減させることだった。

 新しいダックスの出現を、ジャッジアの友人や同僚は徐々に受け入れていったが、ウォーフはできなかった。ウォーフは、初めのうちは彼女に何も感じなかったが、だんだんと妻としてのジャッジアの面影を感じるようになってしまっていた。しかし、それは彼女や周りの人間を侮辱しているようなものだと気がつき、彼女との間に新しい関係を築き始めた。(DS9:再生する魂


Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア