Wikia

Memory Alpha

エクセルシオ級

トーク2
2,587 件の記事が
このウィキにあります
エクセルシオ級
USS Excelsior.jpg
艦種: 探査艦
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
建造拠点: ユートピア・プラニシア造船所火星
就役: 2280年代
全長: 511.25m
全幅: 195.65m
全高: 86.76m
重量: 2,350,000mt
速度: ワープ9.4(最高速度)
ワープ6(巡航速度)
デッキ数: 34
乗員数: 750名
武装: フェイザー
魚雷ランチャー
防御: ディフレクター・シールド
ネームシップ: USSエクセルシオ(NX-2000)
状態: 現役 2379年現在)
USS Excelsior, aft.jpg
艦尾側
USS Lakota.jpg
強化型エクセルシオ級

 エクセルシオ級(Excelsior-class)もしくはエクセルシオール級宇宙艦は、惑星連邦宇宙艦隊が保有する宇宙艦である。

歴史編集

 エクセルシオ級は2280年代前半に地球軌道上のサンフランシスコ造船所で建造された。

 宇宙艦隊はこのクラスをトランスワープ・ドライブ搭載艦として採用することを予定しており、プロトタイプUSSエクセルシオは「偉大なる実験」と呼ばれるトランスワープの実験艦として非常に高い期待を持たれていた。(スタートレック3:ミスター・スポックを探せ

試験航行についてはUSSエクセルシオを参照。

 試験航行は失敗に終わったが、宇宙艦隊はエクセルシオ級を本採用した。USSエクセルシオは地球スペースドックに少なくとも2287年までは係留した後に、2290年までには正式に就役させた。(スタートレック4:故郷への長い道スタートレック5:新たなる未知へスタートレック6:未知の世界

 2293年、宇宙艦隊はUSSエクセルシオをネームシップとするエクセルシオ級の量産を開始した。その後、エクセルシオ級は設計上の汎用性の高さを活かして24世紀後半に至るまで使用され続け、宇宙艦隊の傑作艦の一つとなった(これは同世代のミランダ級にも同じことが言える)。そして、宇宙艦隊の旗艦であるUSSエンタープライズの次世代艦はこのエクセルシオ級が採用されることとなった。(スタートレック6:未知の世界新スタートレックTNG:未知への飛翔VOY:道は星雲の彼方へ

Excelsior port of Galaxy

ギャラクシー級と並走するエクセルシオ級

 宇宙艦隊に正式に採用されたエクセルシオ級の姉妹艦は、宇宙探査、パトロール、テラフォーミング任務及び輸送に至るまで様々な種類の任務に派遣された。(スタートレック6:未知の世界TNG:孤独な放浪者疑惑永遠の絆姿なき誘拐犯DS9:地球戒厳令・前編エディングトンの逆襲

 2360年代には、エクセルシオ級は宇宙艦隊の提督たちの旗艦としてしばしば使用されていた。(TNG:アンドロイドのめざめ浮遊機械都市ボーグ・前編戦闘種族カーデシア星人・前編ボーグ変質の謎・前編惑星連邦“ゲリラ部隊”

 その他にも、エクセルシオ級は連邦を防衛するためのいくつかの主要な戦闘―2366年第一次太陽系侵攻でのウォルフ359の戦いや、2372年から2373年における第二次連邦・クリンゴン戦争などにも多数の同型艦が参加していた。(DS9:聖なる神殿の謎戦う勇気VOY:ボーグ・キューブ

 ドミニオン戦争中の主要な戦いであった第一次及び第二次チントカ星系の戦いカーデシアの戦い等にも多数の同型艦が参加し、多くのエクセルシオ級が最前線基地であるディープ・スペース・9などの宇宙基地周辺に駐留した。ドミニオン戦争においてエクセルシオ級はUSSカイロUSSヴァリーフォージ等、多数の艦が失われたものの、多くの戦闘で第一線を守る高い汎用性を有していた。(DS9:ディープ・スペース9奪還作戦・後編決意の代償変節の時終わりなきはじまり

 ドミニオン戦争後、エクセルシオ級の後継艦の予定だったアンバサダー級宇宙艦が退役する中で、エクセルシオ級の宇宙艦は輸送任務や防衛任務で引き続き使用された。(VOY:夢みるホログラム道は星雲の彼方へ

 エクセルシオ級の詳細図は31世紀においても保管されていた。[1]ENT:暗黒からの衝撃波・前編

技術情報編集

船体構成編集

Excelsior class, lcars, tngs1

エクセルシオ級の平面及び側面図

 エクセルシオ級の船体は連邦艦の標準的な構成が組まれており、円盤部推進部ワープ・ナセルで構成されていた。しかしながら、以前のクラスよりもより洗練された直線的なデザインを特徴としていた。

USS Farragut, Chrysalis

ドッキングポートにドッキング中のエクセルシオ級

 また、円盤部左舷側にはドッキング・ポートが設置されており、宇宙基地でのドッキング等に使用される。(DS9:愛に目覚める者

アップグレード編集

 最初期のモデルのエクセルシオ級は、実験の失敗の後に新しいブリッジ・モジュールに換装されるなど小規模な改装[2]を受けた。円盤部後部のインパルス・エンジン部分の構造変更や第二船体下部の貨物室の改装などである。この改装が後の量産型エクセルシオ級にも採用された。(スタートレック6:未知の世界

USS Enterprise-B facing the Nexus

USSエンタープライズ-Bは、インパルス・エンジンが増設されて第二船体のディフレクター盤周辺に大きなバルジが追加されている。

 就役から10年未満で、USSエンタープライズB建造の際に一部のエクセルシオ級のデザインは大幅なアップグレードを受けることになった。基本設計は通常のエクセルシオ級と同様であったが、円盤部の構造の変更やインパルス・エンジンの増設、エンジン・ナセルの構造変更、船体分離機能の追加、ディフレクター盤周辺に拡張バルジが増強された。[3]スタートレック:ジェネレーションズDS9:地球戒厳令・後編

 エクセルシオ級が老朽化していくにつれ、宇宙艦隊は最新の技術を導入し継続的なアップグレードを行って延命措置を行った。それは主に2360年代から2370年代に多く行われた。2364年USSメルボルン第74宇宙基地において大幅な修理を受けた。また、2367年にはUSSフッド第174宇宙基地で主要システムのアップグレードを受けた。(TNG:盗まれたエンタープライズ永遠の絆

戦術システム編集

 エクセルシオ級は円盤部の背面に5基の連装フェイザー砲座が設置されており、円盤部後部の構造物には1基のフェイザー砲座が設置されている。また、第二船体にはドーサルネック部の側面と、エンジン・ナセルのパイロン中央部の構造物にも1基の砲座が装備されている。(スタートレック6:未知の世界スタートレック:ジェネレーションズDS9:地球戒厳令・後編
 また、第二船体前部と後部にそれぞれ2基ずつ合計4基の魚雷ランチャーを搭載しており、ドーサルネック部艦首側にも増設が可能である。また、ディフレクター・シールドコンスティチューション級改のものよりも強力であり、光子魚雷の直撃を受けても船体への直接のダメージを防ぐことができた。(スタートレック6:未知の世界スタートレック:ジェネレーションズ
 2372年、連邦に対するドミニオンの脅威が表面化すると、宇宙艦隊はエクセルシオ級のUSSラコタに対して改装を実施する実験を行った。ラコタは改装によりフェイザー砲座が増強され、量子魚雷も搭載し、その他にも大幅な性能向上が行われ、ディファイアント級に匹敵する戦闘能力を有するに至った。(DS9:地球戒厳令・後編

推進システム編集

TranswarpComputerDisplay

理論上のトランスワープ・ドライブ

 当初、エクセルシオ級は新推進技術であるトランスワープ・ドライブの実験のために設計された。しかし、一部のエンジニアはこの新技術に対して疑心を抱いていた。(スタートレック3:ミスター・スポックを探せ) その後、トランスワープ・ドライブの実験の失敗により約2年間はスペースドックに係留されたままだった。その後、エクセルシオ級は通常のワープ・ドライブに換装され量産が行われた。(スタートレック4:故郷への長い道スタートレック5:新たなる未知へスタートレック6:未知の世界

 24世紀前半には、当時の最新技術であるダイリチウム結晶の再結晶化を行うシータ・マトリックス構成装置が備えられている。ギャラクシー級で搭載されたシータ・マトリックス構成装置はエクセルシオ級のものよりも10倍の効率を誇っており、エクセルシオ級のものは時代遅れとなっている。(TNG:戦士の休息

 また、エクセルシオ級はワープ・コア・マトリクス・コンポジターマイクロ・パワーリレーを使用していた。(DS9:エディングトンの逆襲

内部デザイン編集

詳細は、エクセルシオ級のデッキを参照。

メイン・ブリッジ編集

Excelsior Bridge 3

USSエクセルシオ ブリッジ

 ブリッジは第一船体の最上部に位置し、艦の運航のすべてを監督・指揮しすべての部門の活動を調整した。エクセルシオ級は長い期間運用されたため、様々なバリエーションのブリッジ・モジュールが存在した。

 多くのエクセルシオ級のブリッジ後部の隔壁には、巨大なマスター・システム・ディスプレイが設置されており、艦のステータス表示がされていた。プロトタイプのUSSエクセルシオにはなかったものだが、後の正式就役の際の改装で加えられた。姉妹艦のUSSエンタープライズのブリッジにも同様にMSDが設置されていた。[4]スタートレック3:ミスター・スポックを探せスタートレック6:未知の世界スタートレック:ジェネレーションズVOY:伝説のミスター・カトー


Holo-communicator

マリンチェのブリッジからホログラム通信機で投影されるサンダース

 少なくとも1隻のエクセルシオ級(USSマリンチェ)は、2373年ホログラム通信機をインストールした。(DS9:エディングトンの逆襲

作戦室編集

 エクセルシオ級の作戦室はブリッジに隣接して設置されており、いくつかのLCARSインターフェースとMSDがあり、デスクと椅子、そしてプライベート・ビューワが設置されていた。(TNG:DNA孤独な放浪者DS9:地球戒厳令・後編

 ディープ・スペース・9ノーグ少尉によると、アル・ロレンゾは艦隊の有名な指揮官のデスクに座ってホロ写真を撮ることが趣味であったとオブライエンに語り、そのコレクションの中にはUSSフッドのロバート・デソト大佐のデスクも含まれていた。(DS9:予期せぬ亡命者


ディフレクター制御室編集

Kirk enters deflector room

ディフレクター室のアクセス部

 ディフレクター室はデッキ15セクション21アルファのディフレクター盤の後ろにあった。そこは、一連のキャットウォークからアクセスできる小さい制御室とはしごがあった。ディフレクター室は艦のディフレクター・アレイをコントロールするための各種コンソールが収容されていた。(スタートレック:ジェネレーションズ

シャトル及び貨物ベイ編集

USS Excelsior, aft

シャトル及びカーゴ・ベイ

 エクセルシオ級には貨物室が数か所設置されていた。第二船体下部の艦後側には大型の貨物室が設置されている。メイン・シャトルベイは様々な種類のシャトルクラフトを搭載しており、第二船体下部の貨物室の下部に設置されている。また、24世紀にはタイプ7・シャトルクラフトが搭載されていた。(TNG:光から生まれた生命

居住施設編集

 艦長などの上級士官は個室が割り当てられた。USSエクセルシオのヒカル・スールー大佐はデッキ3に私室が割り当てられた。

 一般隊員、下級士官及び多くの士官は共同部屋で生活した。それは部屋のサイズに合わせて4名から9名で生活していた。(スタートレック6:未知の世界VOY:伝説のミスター・カトー

同型艦編集

付録編集

登場回編集

注釈編集

  1. ジョナサン・アーチャーとマルコム・リードは、31世紀の時間エージェントであったダニエルスの部屋見た未来のデータベースでエクセルシオ級の図面を目撃した。
  2. Charting the Undiscovered Country: The Making of Trek VI』で、エクセルシオをデザインしたビル・ジョージは「私たちはエクセルシオのモデルのブリッジ部分が実際のものよりも明らかに小さいので改良した。改良されたブリッジのモデルはエンタープライズのブリッジです。」とコメントしている。また、エクセルシオは本来スタートレック3:ミスター・スポックを探せのために制作されたものであり、この時のモデルのブリッジは、スケール感に合わないものであったため、スケール感を合わせるためのより小さなブリッジに取り換えたとのことであった。
  3. Star Trek: The Next Generation Sketchbook: The Movies』によると、追加のインパルス・エンジンは円盤部が分離している際により強いエンジンが必要となるため増強されたとされている。また、エンタープライズBのMSDには戦闘ブリッジが含まれている。
  4. エクセルシオのブリッジは『スタートレック3:ミスター・スポックを探せ』では部分的なセットであった。『スタートレック6:未知の世界』では、エクセルシオのブリッジはエンタープライズAのブリッジの改装である。その後このセットは『スタートレック:ジェネレーションズ』でエンタープライズBのブリッジのセットにも改造された。このセットはパラマウント・ステージ5に作られたものだった。その後、『伝説のミスター・カトー』で再現されたエクセルシオのブリッジは、同じスタジオに再現されたものだった。
  5. エクセルシオ級の艦長待機室には全部で3パターンあるとされた。特に地球戒厳令・後編の文書にはベンティーン艦長が「恐らくラコタの作戦室からの通信されたものだろう」と述べた。

背景編集

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア