Wikia

Memory Alpha

アーチャー4号星

トーク0
2,594 件の記事が
このウィキにあります
複数の時間軸
(複数の異なる時間軸からの情報)
アーチャー4号星
Archer IV orbit.jpg
クラス: Mクラス
衛星: 少なくとも2つ
位置: おおぐま座61番星
所属: 惑星連邦
Archer IV surface.jpg

 アーチャー4号星(Archer IV)は太陽から約31光年の距離の惑星連邦領域に存在するおおぐま座61番星を周回するMクラス惑星で、23世紀初頭に連邦コロニーが建設されて連邦に加盟している。アーチャー4号星の名称は2151年地球連合宇宙艦隊ジョナサン・アーチャー大佐指揮する宇宙船エンタープライズ(NX-01)クルーが初めて調査したMクラス惑星であることに因んでいる。

 アーチャー4号星は広大な草原が惑星の大部分を覆い、の頂上付近にはが積もっていた。アーチャー4号星には夜行性の有袋類に似た生物蜘蛛、擬態を持つ昆虫等を含む多くの動物が生息していたが、知的生命体は発見されなかった。

歴史編集

 2151年、最初の上陸班は素早く変化する気象パターンと高速で移動するに遭遇した。この悪天候によって毒物性の花粉が飛び散り多様な動物相と植物相に広まり、惑星を訪れていた人類ヴァルカン人に認識機能の減衰とパラノイアを引き起こした。この為に当初アーチャー4号星は花粉の影響を受けない様にしない限り居住は出来ないと考えられた。(ENT:風が呼んだエイリアンヒーローたちの帰還

 22世紀、アーチャー4号星は居住に適さないままだったが、2200年代初頭に花粉に対する解毒方法が発見され、2268年には惑星に7億以上の人口が存在した。(ENT:暗黒の地球帝国・後編

 2366年、アーチャー4号星は連邦宇宙艦USSエンタープライズ(NCC-1701-D)が付近の放射線異常を調査した後の目的地だった。(TNG:亡霊戦艦エンタープライズ“C”

別の時間軸編集

 連邦・クリンゴン戦争においてアーチャー4号星は戦場の一つだった。USSエンタープライズDクリンゴン艦と交戦していた。(TNG:亡霊戦艦エンタープライズ“C”

背景編集

 『Star Trek: Star Charts』は誤ってこの惑星をロラカス・プライムen:Loracus Prime)としている。ロラカス・プライムは『風が呼んだエイリアン』の冒頭で登場した本に載っているものである。この誤りに伴い、『Star Trek: Star Charts』ではアーチャー4号星の主星の「アーチャー」が太陽系から数百光年離れた場所に位置しクリンゴン領に近いということになっている。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア