Wikia

Memory Alpha

アルヴァダ3号星

トーク0
2,595 件の記事が
このウィキにあります

 アルヴァダ3号星(Arvada III)は惑星連邦領域に存在するアルヴァダ星系の第3惑星で、連邦コロニーが建設されて連邦に加盟している。

 2330年代、アルヴァダ3号星に大きな災害が起きて子供だったビバリー・ハワードと彼女の祖母フェリサ・ハワードは被災者を助ける活動を行った。伝統的な医薬品は直ぐに不足し始めた為、フェリサは医者ではなかったが薬草の植物の根を薬品として使う方法を学んでいた。彼女はビバリーにこの知識を教えて彼女が医学の道へ進むきっかけを作った。(TNG:生き返った死の宇宙商人

背景編集

 アルヴァダ3号星で起きた災害の詳細は、ジャン=リュック・ピカード大佐が単純に「大きな悲劇」としか述べておらずどのような種類の災害がコロニーを襲ったのかは不明であるが、この災害によってビバリーの両親が死亡したのかもしれない。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア