Wikia

Memory Alpha

アルベルト・アインシュタイン

トーク0
2,565 件の記事が
このウィキにあります
Albert Einstein
2369年、ホログラムのアルベルト・アインシュタイン。

 アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)[1](1879年生-1955年没)は20世紀地球ドイツ地方生まれの著名な物理学者1921年光電効果の法則の発見などによりノーベル物理学賞を受賞した。彼は有名な公式E=mc2相対性理論を考案した。これらは物理学の世紀の重大な発展の礎となり後の量子論に大きな影響を与え、転送装置ワープ航法の開発に繋がった。

 2367年レジナルド・バークレーホログラムのアインシュタインと自身の新しいアイディアについて討論した。この時バークレイは異星人のプローブによって飛躍的にIQが増加していた。(TNG:謎の頭脳改革

 2369年データ少佐ホロデッキにアインシュタインとアイザック・ニュートンスティーヴン・ホーキングの三人の偉大な地球人科学者達を作り出してポーカーをプレイした。データ少佐は三人を観察する事によって人間への理解や啓発を得られると考えた。(TNG:ボーグ変質の謎・前編

 2374年キャスリン・ジェインウェイ大佐艦長日誌の中でオメガ分子を破壊するオメガ指令の任務遂行の不安を前に、原子爆弾の開発を進言したアインシュタインとジェネシス装置を開発したキャロル・マーカス博士らは科学による破壊の悲劇を成す術もなく目の当たりにしたと二人について言及し、自らは悲劇を阻止するチャンスがあると考えた。(VOY:戦慄!オメガ破壊指令

 同年、ヴィック・フォンテーンジャッジア・ダックスウォーフが結婚した頃、マイルズ・オブライエンに妻のケイコ・オブライエンディープ・スペース・9に居ないからとアインシュタインになる必要は無いと述べた。(DS9:心をつなぐホログラム

 2375年、ホログラムのクレル・モセットベラナ・トレスに寄生した細胞質型生命体に対して、生命体を危険に晒す医療方法を提案した時、ドクターは生命体がこの種族にとってのアインシュタインやパブロ・ピカソかも知れないと言って抗議した。(VOY:寄生生命体の恐怖

 彼の業績を讃え、1モルの分子数に等しい個数の光子の持つエネルギー周波数により異なる)の単位、原子番号99の元素アインスタニウムシャトル等の名前を冠している。

付録編集

注釈編集

  1. アルバート・アインシュタインとも呼ばれる

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ