Wikia

Memory Alpha

アルニタク

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります
Orion constellation

オリオン・ベルトの左端に見えるアルニタク。

 アルニタク(Alnitak)はオリオン座ゼータ星(Zeta Orionis)とも呼ばれる、太陽から約800光年の距離のベータ宇宙域に存在する3連星系である。暗青色のO9.7Iab型の青色超巨星であるアルニタクAaと暗青色のO型であるアルニタクAbと青色のB0III型であるアルニタクBの恒星からなっており、オリオン・ベルトの3つの恒星の1つを構成している。この星系には少なくとも1つの惑星が存在する。

 2030年代、アルニタク星系の惑星を故郷に持つ作家が古くからある「力になる。」という言葉を使って作品を書き「愛している。」という言葉以上に流行らせた。(TOS:危険な過去への旅

背景編集

 オリオン座にある三連星系の名前は直接言及されてはいない。カークは単に星系を指してそれがオリオン座にあると言っただけである。我々にはどの星のことだったか分かるが、命名法としてより一般的に使われるのは古くからのアルニタクであるかバイエル名のオリオン座ゼータ星であるかは明らかでない。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア