Wikia

Memory Alpha

アルギリアン

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります
アルギリアン
Jaris.jpg
ザリス知事 アルギリアン男性
Sybo.jpg
シーボ アルギリアン女性

 アルギリアン(Argelian)もしくはアルギリア人アルギリウス2号星を故郷に持つヒューマノイド種族で、23世紀半ばまでには惑星連邦加盟している。

 アルギリア人の外見は人類と非常に似ている。アルギリア人は享楽的で平和を愛する性格であるがこれは2060年代頃に起きた大いなる目覚めとして知られる暴力的なものを穏やかなものへと根本的に変えた社会改革以降に得た性格である。大いなる目覚め以降アルギリア人はあらゆる形の暴力を批難して平和主義の道を採用した。一部のアルギリア人はエンパシー能力を備えているが種族として共通に持っている能力では無い。アルギリア人の享楽的な文化的特徴を維持する為に行政管理を他の惑星から行政官を招き入れる必要があった。2267年、3つの殺人事件が起きた時アルギリア人の平和的な哲学は惑星裁判の危機を招いた。犯罪刑罰は大いなる目覚め以前の時代からの法律によって拷問による死刑だったが、幸運にも真の殺人者である非ヒューマノイド生命体であるレジャックが現れたのでアルギリア人は誰も処刑する必要がなくなった。(TOS:惑星アルギリスの殺人鬼

 2371年ディープ・スペース・9エリム・ガラックは自身の仕立て屋店を爆破した後、オドーはガラックにクワークが以前仕立て屋店があった場所にアルギリアン・マッサージ店を開こうと考えていると言及したが、ガラックはベンジャミン・シスコ大佐プロムナードでそのような「面白い」店の設置を認めないだろうと述べた。(DS9:姿なき連合艦隊・後編

人物編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア