Wikia

Memory Alpha

ぎょしゃ座ベータ星

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります
ファイル:Star-chart alpha-beta quadrant.jpg

 ぎょしゃ座ベータ星[1](Beta Aurigae)もしくはメンカリナン(Menkalinan)はアルファ宇宙域惑星連邦の領域内に存在する恒星である。ぎょしゃ座ベータ星系には二連星系がある。(TOS:変身!カーク船長の危機Star Trek: Star Charts

 2269年USSポチョムキン(NCC-1657)はぎょしゃ座ベータ星でUSSエンタープライズ(NCC-1701)と合流し、ぎょしゃ座ベータ星系の二連星系重力効果を研究する予定だった。ぎょしゃ座ベータ星系合流前にエンタープライズはカミュス2号星から救難信号を受け取った為ポチョムキンとの任務に遅れた。(TOS:変身!カーク船長の危機

付録編集

注釈編集

  1. TOS: 変身!カーク船長の危機』日本語吹替え版では「ベータ・オーリガ」とされている。原語での発音も「ベータ・オーリガ(エ)」に近い。

背景編集

 ぎょしゃ座ベータ星もしくはメンカリナンは実在の恒星である。太陽から約85光年の距離に位置する三連星系で、青白色のA2IV型の白色準巨星2つがなす連星と、赤色のMV型の赤色矮星からなる。

 『TNG: 恐るべき陰謀』に登場した大きな星図ではアルファ宇宙域でグリッドの書かれた領域の端の方にぎょしゃ座ベータ星がある。星図上ではりゅうこつ座アルファ星ファイロス、およびエミニアが近くに書かれている。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア